HOME > 同友会TOPICS【詳細】

会員専用ログイン

同友会TOPICS【詳細】

2020年06月23日  

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るための愛媛経済同友会からのアピール

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と社会経済活動の両立
を図るための愛媛経済同友会からのアピール



                        令和2年6月23日
                         愛媛経済同友会
                          代表幹事 西川 義教
                          代表幹事 清水 一郎

 愛媛経済同友会は、愛媛県新型コロナ防衛戦略に示された、「感染拡大と
医療崩壊を防ぐ」「地域経済を立て直す」「新しい生活・ビジネス・文化の
スタイルを実践する」の3つを柱にした新たな政策展開と連動しながら、
いわゆる「Withコロナ/Afterコロナ」社会を見据えて、約600名の会員の
皆様の知恵と工夫を結集し、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るために、
主体的な取組みを積極的に展開し、本県経済の活性化に寄与していくことを
宣言します。

■愛媛県が取り組む「新たな政策展開」への積極的な協力
〇愛媛経済同友会は、県内宿泊旅行代金の割引による県内観光等の促進、
県産品の販売促進や需要喚起、テレワークやテレビ会議等による新たな
ビジネススタイルの実践など、愛媛県の「新たな政策展開」による取組みを
強力に後押しし、約600名の会員が積極的に協力するよう、全会員に対して
周知します。

■「Withコロナ/Afterコロナ」社会を見据えた新たな取組み
〇代表幹事直属として、「Withコロナ/Afterコロナ」社会を見据えた本県の
社会経済の新しい在り方に係る協議の場を設置します。
〇この協議の場においては、「Withコロナ/Afterコロナ」の新常態
(ニューノーマル)に向けた新たなビジョンや戦略などについて、経営戦略や
観光振興、スポ−ツ・文化等の既存の各委員会と連携して論点整理を行います。
○論点ごとに、関係者(行政、企業、学識者等)を招くなどして、会員との
自由闊達な議論を行い、これを通じて、「Withコロナ/Afterコロナ」社会を
見据えた様々な選択肢を可能な限り提案していきます。

■会員の主体的な取組み
約600名の会員は、愛媛経済同友会の設立趣旨書の理念を踏まえ、自ら実践・行動する
企業経営者として、感染拡大防止と社会経済活動の両立を目指して、次のような
取組みを率先して進めていきます。
〇業種別の感染拡大予防ガイドラインの遵守を徹底して、しっかりとした
事業展開に努めていきます。
〇いわゆる「3密」回避のため、リモート会議やテレワークの活用を積極的に
推進していきます。
〇「新たな生活様式」に対応したビジネスを推進していくため、社会的距離の
確保等の視点から、新たなサービスの提供や商品開発等に取り組んでいきます。
〇業務のデジタル化やテレワークなどの就業環境の整備に努め、従業員の
ワーク・ライフ・バランスの確保や働き方改革に取り組んでいきます。
〇対面型・訪問型の営業活動の見直しによるWEB商談やWEBマッチングの活用など、
非接触・非対面を前提とした業務改革を進めていきます。
〇AI・IoT等の新しい技術を効果的に活用して、事業活動の転換や生産性の向上に
努めていきます。
〇生産や調達等のリスク分散を意識したサプライチェーンの見直しや再構築に
取り組んでいきます。

【参考】
〇愛媛経済同友会の設立趣旨(昭和41年3月設立)
・県内における産業分野の中堅的経済人を結集し、新しい時代の地域経済発展の
原動力となり、・・・・ひいては日本経済の安定成長のために、いささかなりとも
力をいたさんとするものであります。